99. A-tag-not-highly-recommended

三重県の郷土料理「こしょう汁」「泣汁」とは

こしょう汁,なき汁,涙汁の写真
こしょう汁,なき汁,涙汁の写真こしょう汁,なき汁,涙汁の写真

三重県や岐阜県では「胡椒汁」「泣汁」という葬儀の火葬の後に食べる特別な汁物があります.胡椒とは唐辛子のことで,唐辛子で辛くしたお吸い物,薄い味噌汁のことです.辛いから泣いているのか,悲しいから泣いているのか分からないように火葬の後に食べるのです.別名「涙汁」「泣汁」というそうです.

「食の民族辞典」の唐辛子の欄にこのように記載があります.

具はがんもどきを入れたり,油揚げを入れたりで地域差があるようですが,唐辛子が下に沈殿するくらいめちゃめちゃに辛くするのは共通しているようです.私も個人的にいなべ市出身の知り合いの30代の女性に話を聞いたところ,その女性の祖母が亡くなり自宅で葬儀を行なった際,火葬の後,地域の集会所で2010年頃に振る舞われたようです.

作り方

がんもどきの煮物を作る

煮物の作り方はこちらを参考にしました.

https://cookpad.com/recipe/4800225

汁物にして胡椒(唐辛子)の辛味をうつす

参考文献

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1%E6%A4%92%E6%B1%81

https://www.olive-hitomawashi.com/column/2021/03/post-13984.html

データサイエンティスト
絹田 雅
アーナンダよ、あなたはカピラヴァットゥのサキャ族の人たちに、修学すべき人(有学)の修学と実践について説明しなさい。わたしは背中が疲れました。背中を伸ばそう。 マハーナーマよ、ここに貴い弟子は戒をそなえ、感覚器官の門を防御し、食事の適量を知り、覚醒しており、七つの正しい教えをそなえており、明瞭なこころに依存し、現世で安楽に過ごす、明瞭なこころに依存する四段階からなる瞑想(四禅)を希求し、容易に得て、困難なく得ます。
twitter-timeline