99. A-tag-not-highly-recommended

Angularでfirestoreのコレクションからデータ一覧を取得する

アプリ開発をイメージさせる写真

概要

Angular2以降でfirestoreのコレクションからデータ一覧を取得する方法。

読み込む

コレクションに対して、valueChanges()をsubscribeする。valueChanges()ってなんだ。。

import { Component, ViewChild } from '@angular/core';
import { AuthService } from '../auth/auth.service';
import { AngularFirestore } from '@angular/fire/firestore';

@Component({
  selector: 'app-tab2',
  templateUrl: 'tab2.page.html',
  styleUrls: ['tab2.page.scss']
})
export class Tab2Page {
  authUid:string;

  constructor(
    public auth: AuthService,
    private firestore:AngularFirestore,
  ) {
    this.initialize();
    }

  initialize(){
      this.auth.getAuthUid().subscribe(uid =>{
        console.log(uid,'e');
        this.authUid = uid;
      })

  }

  test(){
    this.firestore.collection('users')
      .doc('data').collection(this.authUid)
      .valueChanges().subscribe(value =>{
        console.log(value);
      },
      error =>{
        console.log('error');
      })
  };
}

オブジェクトの配列で帰ってくる。

書き込み

こちらの方がシンプル

this.firestore.collection('users') .doc('data') .collection(this.authUid) .doc(String(new Date().getTime())) //.doc('test') .set({ 'title':this.originalImgName, 'content':data, 'filename':this.originalImgName, 'lastUpade':String(new Date().getTime()), });
データサイエンティスト
絹田 雅
アーナンダよ、あなたはカピラヴァットゥのサキャ族の人たちに、修学すべき人(有学)の修学と実践について説明しなさい。わたしは背中が疲れました。背中を伸ばそう。 マハーナーマよ、ここに貴い弟子は戒をそなえ、感覚器官の門を防御し、食事の適量を知り、覚醒しており、七つの正しい教えをそなえており、明瞭なこころに依存し、現世で安楽に過ごす、明瞭なこころに依存する四段階からなる瞑想(四禅)を希求し、容易に得て、困難なく得ます。
twitter-timeline