23. オピニオン

「アナイアレイション 全滅領域」は癌を映像化した作品

「アナイアレイション 全滅領域」は、癌をモチーフにした映画です。

突然市中に出てきたエリアXと名付けられた異質な空間。それはどんどん広がって他の正常な世界を飲み込もうとします。主人公である生物学者のレナが内部に入って調査するという内容です。エリアXはまさに癌をテーマにしています。

エリアXで彼女がみる生態系の突然変異によって生まれた異様な景色と生き物たちや、がんを患う調査隊のリーダーとなるドクター・ヴェントレスがエリアXの中心部で見極めるものなど、多角的に癌について映像から迫った映画で、アカデミー賞の映像部門を受賞したということで映像が綺麗なのですが、癌をここまで映像化するというのは素晴らしいと思います。

癌細胞とは不思議なものだと言います。それを映像化した素晴らしい映画だと思いました。

データサイエンティスト
絹田 雅
アーナンダよ、あなたはカピラヴァットゥのサキャ族の人たちに、修学すべき人(有学)の修学と実践について説明しなさい。わたしは背中が疲れました。背中を伸ばそう。 マハーナーマよ、ここに貴い弟子は戒をそなえ、感覚器官の門を防御し、食事の適量を知り、覚醒しており、七つの正しい教えをそなえており、明瞭なこころに依存し、現世で安楽に過ごす、明瞭なこころに依存する四段階からなる瞑想(四禅)を希求し、容易に得て、困難なく得ます。
twitter-timeline