99. A-tag-not-highly-recommended

【アビダンマッタサンガハ8】§24 無常随観、苦随観、無我随観

無常随観、苦随観、無我随観という三つの随観がある。

アビダンマッタサンガハ §24

随念と随観


随念と随観というのは、二つの瞑想のやり方。 随念anussatiはサマタ瞑想の一つで、何か決まっている言葉を念じながら、一つの対象に集中してみること。一方、その都度その都度、現れる現象に気づいて、 適切な言葉をかけて集中することが随観anupassanā。 それはヴィパッサナー瞑想の仕方。


伝統的には、サマタ瞑想を先に実践して集中力を育ててから、 智慧を開発するヴィ
パッサナーへ進む。しかしサマタ瞑想には結構時間を費やさないといけない。

無常随観、苦随観、無我随観

無常随観、苦随観、無我随観とは、ヴィパッサナー瞑想を通じて、無常、苦、無我でラベリングしていくこと。

データサイエンティスト
絹田 雅
アーナンダよ、あなたはカピラヴァットゥのサキャ族の人たちに、修学すべき人(有学)の修学と実践について説明しなさい。わたしは背中が疲れました。背中を伸ばそう。 マハーナーマよ、ここに貴い弟子は戒をそなえ、感覚器官の門を防御し、食事の適量を知り、覚醒しており、七つの正しい教えをそなえており、明瞭なこころに依存し、現世で安楽に過ごす、明瞭なこころに依存する四段階からなる瞑想(四禅)を希求し、容易に得て、困難なく得ます。
twitter-timeline