99. A-tag-not-highly-recommended

Ionicで特定の要素まで自動でスクロールする

アプリ開発をイメージさせる写真

tsファイルで

import {ViewChild} from '@angular/core'
import { IonContent } from '@ionic/angular

を読み込んだあと,

@ViewChild(IonContent, { static: false }) content: IonContent;

でIoncontentを参照する(@ViewChild(‘ion-content’) content: IonContent;とかくと動かない)

あとは

ionViewDidEnter(){ this.content.scrollToPoint(0, 600, 300) }

という感じで指定する.x,y,秒.

import { Component, OnInit } from '@angular/core'; import { Observable } from 'rxjs'; import { HttpClient, HttpHeaders } from '@angular/common/http'; import {ViewChild} from '@angular/core' import { IonContent } from '@ionic/angular'; @Component({ selector: 'app-tab3', templateUrl: './tab3.page.html', styleUrls: ['./tab3.page.scss'], }) export class Tab3Page implements OnInit { //@ViewChild('ion-content') content: IonContent; @ViewChild(IonContent, { static: false }) content: IonContent; ionViewDidEnter(){ this.content.scrollToPoint(0, 600, 300) }
 
データサイエンティスト
絹田 真也
千葉県市川市在住。大手通信キャリアのデータサイエンティスト。 個人で活動する場所が欲しくてブログをしています。 NP & Companyという個人事務所でITサービス企画開発も細々しています。 通信キャリアでデータサイエンティスト←古河電工でデータエンジニアリング←慶應大学←慶應高校
twitter-timeline