Guests2019-09-07T09:12:52+09:00

Guests

Special Guest Contributors

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus, tortor quam sodales lorem, vitae hendrerit est nulla at dolor. Quisque dictum dui eget turpis dapibus pharetra.

Become a Guest Contributor

Amelia Grange

LIFESTYLE CONTRIBUTOR

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus.

LIFESTYLE

Markus Millions

BUSINESS CONTRIBUTOR

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus.

BUSINESS

Marie Gleeson

DESIGN CONTRIBUTOR

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus.

DESIGN

Amelia Grange

LIFESTYLE CONTRIBUTOR

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus.

LIFESTYLE

Markus Millions

BUSINESS CONTRIBUTOR

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus.

BUSINESS

Marie Gleeson

DESIGN CONTRIBUTOR

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed nec pellentesque purus. Nunc finibus urna eget est molestie, non dignissim nulla cursus. Proin hendrerit, lacus vitae imperdiet rhoncus.

DESIGN

Recent Articles

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Nulla fermentum enim nec velit lobortis, quis imperdiet nulla mollis. Etiam ut libero ipsum.

Read More From The Blog
Read More From The Blog

日立製プロジェクト管理ツール「SynBiz S2」が超絶イマイチな理由

私は業務でSynBiz S2を使っています.RedmineとJootoも使ったことがあり,その経験をもとにSynBizを全くお勧めしない理由をお伝えします.一言で言うと「日立ブランドだけで売っている印象で,他にいいソフトあるのになぜSynBizを使うかわからない」です. ダメだと思う理由は下記の点です. ・費用が高く,無料で試せない ・サイトが遅い ・容量が小さい ・詳細を書き込む場所がない ・UIがダサい ・情報が少ない ・サポートが悪い   費用が高く,無料で試せない. SynBiz S2は一人当たり月額2500円かかります.10人から契約ですので最低でも30万円かかります.保守費用とサポート込みと言いますが,サポートの問い合わせ窓口も公開していないし,1ヶ月に一度くらい丸1日使えない日があります.まともな保守やサポートをしているとは思えません. 対して,Redmineは無料ですし,Jootoは5人目から一人当たり月額400円であることを考えるとSynBiz S2はバカ高いです.SynBizというマイナーなソフトにこんなに払うなら,Jiraとかグローバルスタンダードなものを使った方がいいと思います.これだけ払っているのにアドインで別途お金をとります.また,無料で使ってみるということがSynBiz S2はできません.比較してしっくりきたものを使いたいところですが,それができません. サイトが遅い SynBiz S2のWeb版のトップページをLighthouseというツールで検証すると,表示速度が26点程度のスコアしかありません.使っていても待たされることが多く,イライラします.UIはダサいのになんでこんな遅いん? 容量が小さい SynBiz S2は10人で1GBのプランからあるのですが,1GBは少な過ぎます.少し使いこなそうとしたら1GBなんてすぐ使ってしまいます.SynBiz S2はプロジェクト管理ツールがあることが大事な場面で導入されているのだと思います. 詳細を書き込む場所がない プロジェクト管理ツールとしてSynBiz S2が根本的にダメなところです.RedmineやJootoだとマークダウンを使って詳細を書き込める場所がどこにでもあってプロジェクト全体を描くことができるのですが,SynBiz S2はガントチャートを描くことに特化しています.従って詳細は別に管理する必要があります.私はURLをガントチャートにリンクできるので,詳細を書いたURLにリンクしています.SynBiz S2を導入する意味がわかりません. UIがダサい SynBiz S2はUIがダサいです.Redmine並みにダサいです.全く使っていてテンションが上がりません.いつのデザインって感じ.印象は2000年代かな. 情報が少ない SynBiz S2は,わからないことがあってネットで検索しても情報が全く出てきません. サポートが悪い ネットに情報がないから問い合わせしようとしてもSynBiz S2のサポートの連絡先がわかりません.公開していないし,サイトにもリンク貼ってないです.   SynBizはプロジェクト管理ツールがあることが大事な場面で導入されていて,評判を大事にする大企業で導入されていると思っています.いいところはガントチャートは描きやすいところと,エクセルに似ているのでスキルが低くても使いやすいことかな.でもそれならプロジェクト管理ツールいらないわけですが,エクセルじゃないプロジェクト管理ツールがあることがだいじな場面で使われているからいいのだと思います.

cordova-plugin-crypt-fileでcordovaをアップデートしたらビルドできない

HTMLとJavaScriptだけでアプリを作れるのが魅力のCordovaですが,現在はCapacitorに移行することをお勧めします. 2019年までCordovaでiOS, Androidアプリを作成,公開していました. 現在はAngularベースでCapacitorに移行しましたが,Cordovaを使っていたときにファイルを暗号化する部分で発生したエラーについてまとめています. 問題はcordova-plugin-crypt-fileを入れて難読化しているのだが、cordova9.0.0へバージョンアップしたらビルドできなくなったことです. エラーメッセージは下記です.Using "requireCordovaModule" to load non-cordova module "path" is not supported. Instead, add this module to your

wiredxdisplayを入れたらadbコマンドが使えなくなった

結論を知れば当然なのだろうけどかなりはまった。 スマホをセカンドディスプレイにできるソフトがあるときいてインストールした。wiredxdisplayというもの。かなり便利だった。 https://www.splashtop.com/wiredxdisplay しかし、それを使って気分よく開発したプロジェクトをadbコマンドでインストールしようとするとエラーがでる。当初は、wiredxdisplayをいれたことの影響など考えていなかったから全く原因がわからず苦労した。 パス周りを確認すると、どうもadbの実行ファイルが2つあるということしか考えられず、adbの実行ファイルがどこにあるかしらみつぶしに調べるために find . -name ‘adb’ 2> /dev/null で調べてみると、 ./Users/hoge/Library/Android/sdk/ndk/20.0.5594570/python-packages/adb . ./Applications/Splashtop XDisplay.app/Contents/MacOS/adb と出てきた。あぁ、そうか、スマホをセカンドディスプレイとして使用するのにadb使ってるわな、と納得し、一件落着。。バージョンおなじなら両立するのにな。。 と思ってこの記事を書いた後、試してみたら両立した! wiredxdisplayのadbファイルのある /Applications/Splashtop

Cloud functionsからFirestoreのStorageにアクセスして、VisionAIをつかう

Cloud functionsからFirestoreのStorageにアクセスして、VisionAIをつかうにあたってかなり苦労したので、ポイントをまとめておく。 1。Cloud functionにサードパーティのPythonのライブラリを使う場合、requrements.txtを書く必要がある。 2。Firebaseのデータにアクセスする場合、firebaseのプロジェクトの歯車マークから、Python用の設定ファイル(json)をダウンロードし、Cloud FUnctionsにソースコードで登録する必要がある。 import firebase_admin from firebase_admin import credentials from firebase_admin import storage cred = credentials.Certificate(“ダウンロードしたファイル”) firebase_admin.initialize_app(cred,

Fresh Content
Direct to Your Inbox

Just add your email and hit subscribe to stay informed.

Thank you for your message. It has been sent.
There was an error trying to send your message. Please try again later.

タイトル

Go to Top